FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

若月樹里

若月樹里特集のおしらせです。

AKIRA

AKIRA特集のおしらせです。
  • 2007-03-18
  • 発信元 : AKIRA

椎名みずき

椎名みずき特集のおしらせです。
トラックバックURL
http://shinoharablog.blog82.fc2.com/tb.php/92-23a186c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
連作29 芳連作02 5分の4
+++++++++++++++++++++++++++++++
 種別 連作系第29期 芳連作02
 題名 『 5分の4 』
 初出 ニフティサーブ/FJAMEA/18番会議室
    1998年03月08日02時22分
 注釈 行頭スペース+30W
+++++++++++++++++++++++++++++++
SUBJ:【芳連作】02 5分の4

 ST V.4.4 SLBs Nobi-Standard

 それほど芳しくもないのですが しかし 芳連作 #02(B群)
 



           『 5分の4 』


                        作:しびる





  その人に気付いたのはいつだったか 昼夜が逆転して数年 昼間
 眠って夕闇迫る頃に起きる そんな暮らしのある地点で あたしは
 その人の存在に気付いた FMラジオを聞きながら机に向かい 少
 し飽いてベランダから下界を眺める その人は立っていた
  深夜の街は人影もなく ネオンの喧噪は遥か遠く 真下に見える
 のは街灯と信号とコンビニの照明 信用金庫の植え込みに沿って歩
 道が続き マンションの寸前で南北道路と交差する その場所に

 『たっだいま いやあ飲んだ飲んだ ただ酒ほど美味いものは』
 『あ おかえりなさい なあに さちこ またたかり酒なの』
  ベランダからぼんやり 専用のイスに腰掛けて手摺に頬杖を突い
 て 今夜もあの人が見えるかなと 25時 玄関から賑やかな声
 『だって勝負でしょ やりたいって思うなら たかられても当然』
 『なんか身も蓋もない ああ ちょっと 触らないでよ』
  振り返れば同居人 短大の頃からの付き合いで この部屋はあた
 しの仕事場兼住居であると同時に 彼女の荷物置き場でもある 着
 替えや貴重品 彼女はこの部屋を基地に街のどこかで暮らしている
 『まーだこんな陰気な仕事をしてるの 月にいくら稼ぐわけ』
  あたしの仕事机に向かい ぺらぺら原稿をめくって鼻で笑う 正
 業に就く人間が たかり酒で酔いの回る彼女にバカにされる アリ
 とキリギリスはお互い納得の上 さちこは虚勢で嘯くばかり
 『食べて家賃払って映画見て服買って 定期と保険を積み立てるく
 らいよ さちこに比べれば雀の涙 どうするの ウチで寝るの』
 『ただいまって 言っただろうに まあいいや なにしてたわけ』
  イスをくるりと回してベランダを後にする 女のあたしでもうう
 むと唸るくらいの端正な顔立ち ソファーに深く沈み込み あたし
 は慌てて原稿を整える 大股開きでショーツ丸見え 天井を眺めて
 『やっぱりあれ 月のない夜は来るでしょ 泣き言なら聞くわよ』
 『ただの息抜き 泣き言を人に話す趣味はないもの 大丈夫なの』
  さちこはそのままの姿勢でソファーに仰け反る 彼女が誰よりも
 繊細なのは知っている くるくる動かす瞳を見るうちに 不思議な
 感覚が沸き上がってくる 向かい合って座り 膝を閉じさせる
 『ぜんぜん大丈夫 好きなことしてるんだから ってことよ』
  それ以上深く話すつもりもないだろうし 聞くつもりもない 沈
 黙を埋める女性の声はラジオから それでは足りなくて なんとな
 く浮かんできた話題で繋ぐ 意味も持たせず 立ち上がりながら
 『コーヒーを入れるけれど さちこも飲むでしょ そうそう ただ
 の息抜きってのは 下界を眺めてたの 水槽みたいなものね』
 『はあん 下界で騒いでるあたしらは魚類か いい趣味じゃない』
  10階建てのマンションの最上階 モヤの掛かった下界を眺める
 と まるで街のすべてが水没したような錯覚 妙な距離感は車も人
 も水棲生物のように感じさせる それぞれに生活があるなんて
 『いい趣味でしょ 向こうの交差点から歩いてきた人間が ピコマ
 ートに寄って大学に入っていくの 観察記録を付けようかしら』
 『勝手に名前を付けたりしてさ それ面白いじゃない 悪趣味で』
  スプーン一杯のインスタントコーヒー ポットの湯を注いでかき
 混ぜて トレーに乗せてソファーに戻る 部屋の両端に配したスピ
 ーカーから 昔熱中していた洋楽が流れる どこかに繋がった
 『この時間になると誰も通らないのに はいこれ 決まって同じ時
 間にやってくる人がいるのよ いつも同じ服で 下の交差点に』
 『ありがと そうなると ペットみたいなものね あちっ』
  信用金庫と大学があるだけで 夜間はまったく静かな通り たま
 の歩行者もピコマートで引き返す 真下のコンビニは深夜の経営が
 成り立っているのか 昼間こそ大学生が立ち寄りもするが
 『だから見てたのよ 交差点から先 どこへ行くのかいつも見失う
 から なにか気に掛かるのよね こーゆーのって ほら』
 『趣味が違うでしょうに みんな同じだと思うのは間違い』
  そうなのだ あの人を見付けてどれくらいになるか いつも点滅
 信号の歩行者ボタンを押して 押さなくても車など通りもしないの
 に 赤の点滅が赤に変わり そしていつも見失う なぜかいつも
 『みんな気になるわよ 1時ちょっと過ぎ さちこ 今ならちょう
 ど見れるかもしれないわね よしっ ほら立って ほらほら』
 『あー揺するのは辞めてくれえ わかったわかった なんだかね』
  なぜか共犯者が必要な気がして カップを握ったまま薄目のさち
 この腕を掴む そしてそのまま引っ張ってベランダへ 月のない空
 『あら 珍しくお客さんね 自転車の女の子じゃないわ』
 『さすが詳しいじゃない このマンションの住人みたいね ふん』
  たまにこの時間 自転車に乗った女の子が訪れる 今コンビニか
 ら現れたのは別の女性 凄い勢いで足元に消えた おそらくこのマ
 ンションに入ったのだろう 珍しいことだ そして視線を移すと
 『ほらあそこ いるわ 点滅赤信号の下 さちこ 見えるでしょ』
 『それよりもねえ あれはアルバイト君の彼女かな いいねえ若い
 衆はこんな時間に あたしの人生の5分の4があんなだったらね』
  さちこの人生の5分の4 彼女の20年間は家庭の事情で大変だ
 ったらしい その後の5年間はこんな調子 その話題はとにかく
 『たぶん中年の男の人だと思うけれど どう思う 木が邪魔で』
 『どれ こっちからだとよく見えないわよ 人なんている』
  身を乗りださないと見えない マンションの植樹が邪魔をするそ
 の先に さちこはそれほど乗り気じゃないから おざなりに確認し
 てコンビニ前の男女を眺めている 黒い服の人影が佇んでいる
 『おっ チューするもんなあ もうばかばかしくなってきた』
 『信号が変わったわよ なのに どうして渡らないのかしら』

  自転車の女の子が凄い速度で走り去る あたしは見ていなかった
 けれど もしキスするような関係なら 名残を惜しんでもよさそう
 なもの 言い寄って逃げられた それが正解だと思う バイト君が
 馴染みの客に声を掛けて振られた そんなところだろう
  点滅赤信号が赤信号に変化する 今日こそは交差点を渡ってどこ
 へ向かうのか確認しようと思ったのに 一向男性は渡る気配がない
 身を乗りだせば既に人影はなく またもや見失ってしまった さち
 こは鼻で笑って部屋に戻る なんだか釈然としない気分だけが残り
 再び信号は点滅し始めた どうでもいいことだけれど









             》 しびる 《
+++++++++++++++++++++++++++++++
(のりこ)>5分割の2です タイトルは4ですけど
(しびる)>決まりその1 本文に必ず『5分の某』を入れること
(のりこ)>順番にやればいいのに 1のときは就業時間 以後タイ
      トルで話しますけど この4のときは同居の相方さちこ
      ちゃんの人生 分割は時間・時間ときましたね
(しびる)>そのへんはなんでもいいんだけど いきなし核心だな
(のりこ)>例の交差点の男性ですか 1ではほぼ水平面で観察して
      距離的にもいちばん近いですよね それがこの4では1
      0階から見下ろして 距離もいちばん遠いのかな
(しびる)>まず枠を作らなきゃいけないじゃん 描写限界って言え
      ばいいのかな あとの3本はこの範囲内で起こる
(のりこ)>コンビニのアルバイトの彼氏 とその彼女 上空から観
      察されてますね 以後この連鎖ですか
(しびる)>5以外はリンクさせた 追い掛けてるのは次の3までか
      な 2は1と4に内包してるし
(のりこ)>それについてはそのお話のときにやりましょう で こ
      の彼女は作家さんですか 描写内容からすると
(しびる)>ライターってくらいの設定だったかな
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

若月樹里

若月樹里特集のおしらせです。

AKIRA

AKIRA特集のおしらせです。
  • 2007-03-18
  • 発信元 : AKIRA

椎名みずき

椎名みずき特集のおしらせです。
トラックバックURL
http://shinoharablog.blog82.fc2.com/tb.php/92-23a186c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

そうめんのカビ

 そうめんに限らず 穀物に生えるカビには発ガン性のあるものも存在します もったいないですがそうめんにカビが生えたらば廃棄処分しましょう 同じようにモチやパンもカビが生えたものは食べない方が賢明です

文責:そうめん愛好家・篠原のりこ


関連項目
編集会議 138
*議事録後半に『そうめんのカビ』について触れています


ブログ内検索

Extra

プロフィール

篠原しびる

Author:篠原しびる
  
 ネット作家・篠原しびるが各所に書き散らかした作文を分類整理するために開設されたのが『篠原リサイクルテキスト研究所』です 篠原しびるをご存じではない方も心配しないでください 当研究所が開設されたからには 篠原しびるが思いの丈を注ぎ込んだ様々な作文をつぶさに閲覧し その人と成りをば誰の目にも明らかになるように見事分類整理されてしまうことでしょう しばしお待ちください そしてとくと堪能してください

 いつも思うのですが冒頭の挨拶はこれくらい曖昧でもいいのでしょう(ジオ分室トップページより抜粋)

カレンダー

最近の記事

全記事表示

全タイトルを表示

FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧するにあたっての注意事項

・このブログは連続スペースを除去せずに表示してください
・このブログはしび文(句読点ナシ)で作成されています
・このブログに記載されているイベント等は架空のものです
・ですから人物等も架空のものです(一部は実在します)
・希に誤字が混じる場合がありますが内容に問題はありません
・地球環境に配慮し再生テキストが15%以上含まれています
・過って多量に読んだ場合はすぐに忘却し医師に相談すること
・体質によって読後にアレルギー反応を起こす場合があります
・2週間継続閲覧しても愉快でない場合は即中止してください
・どのような表記表現もすべて好意的に解釈してください
・12歳以下の児童の閲覧には保護者の判断をお願いします
・コメントやトラックバックを無断で消去する場合があります
・ブログ内は私有地につきネタバレ・誤報の責は負いません
・ブログは生ものですので開示後は速やかにお読みください
・ブログ情報を消去する際は自治体の区分に従ってください
・室内を明るくして モニターから離れてお読みください
・室温は夏期は26度に冬期は18度に設定すると快適です
・ブログ内容の複製配布商業使用は常識の範囲内で許可します

アレルゲン表示

アレルギー物質の一覧
含まれるもの○  含まれないX

特定5品目
小 麦○ タマゴ○ 落花生X
牛 乳○ そ ば○

推奨20品目
あわび○ イ カ○ いくら ○
え び○ カ ニ○ オレンジ○
キウイX 牛 肉○ くるみ X
さ けX さ ばX 大 豆 ○
鶏 肉○ 豚 肉○ まつたけ○
も もX りんご○ やまいもX
バナナ○ ゼラチンX

その他
性的描写 ○ 暴力描写 ○
政治信条 X 個人情報 X
S  F ○ ラブコメ ○
巨大ロボ ○ 超常現象 ○
勧善懲悪 X 萌え要素 X

事務所ライブビデオ

ブログ最深部

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。