FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

中央競馬調教師

中央競馬調教師とは、中央競馬会(JRA)から免許を交付されている調教師のこと http://shougaku.stepuptechnologies.com/
  • 2008-08-27
  • 投稿者 : 恥ずかしがり屋のあた
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

トラックバックURL
http://shinoharablog.blog82.fc2.com/tb.php/876-644eec79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
連作31 緩連作10 ふと目覚めると
+++++++++++++++++++++++++++++++
 種別 連作系第31期 緩連作10
 題名 『 ふと目覚めると 』
 初出 ニフティサーブ/FJAMEA/18番会議室
    1998年11月21日01時06分
 注釈 行頭スペース+30W
+++++++++++++++++++++++++++++++
SUBJ:【緩連作】10 ふと目覚めると

 ST.4.7 SLBs N-Sta.2.1

 締めつけずゆるゆると 余分な力を抜き 緩連作 #10(B群)




         『 ふと目覚めると 』


                        作:しびる





  ふと目覚めると その直後に電話のベルが鳴った

  暗闇にダイヤルボタンが派手に明滅 しかし鳴ったのは1回だけ
 それっきり嘘のように静寂 時計を眺めると28時 まだ暗い
  電話のベルは人をたたき起こす いやそれまでに目覚めていたけ
 れど 再び眠りに入るキッカケを失った ベッドの上にぼんやり座
 ったまま 中途半端な時間を持て余す 普段ならあと数時間で起床
 する 最も深い眠りに沈み込んでいる夜明け前に なぜかまったく
 眠気もなしに座っている 少し寒い 暖房を入れる
  少し移動してベッドの縁に腰掛ける ゆっくりと動きはじめた部
 屋の空気を感じながら テレビのリモコンを操作する どのチャン
 ネルも夜の街並みと時報 遠く交差点を流れる車のライトは その
 昔ならカラーパターンだったのにと 律儀に信号待ちをする疎らな
 交通量をぼんやり眺める とにかくぼんやり 無為な時間
  手前から画面中央に向けて大きな架橋 その先に数階建てのビル
 を四方に交差点 縦に6車線 横に4車線 橋の通りにオレンジ色
 の街灯が夜霧に滲む 橋を勢いよく進んだ車両は 半分の割合で右
 折する これがどの場所でどこに向かうのか 黄色信号が赤に替わ
 り 左右の矢印が光って消えるパターン その繰り返しで車が流れ
 る 細部までは確認できないが おそらくほとんどタクシーだ
  退屈な繰り返しに少し飽きて ぱらぱらと切り替えたチャンネル
 は更に退屈な眺め 上空からの夜景や古城の石垣 仕方なく元のチ
 ャンネルに合わせて立ち上がる 飲み物だ 身体が乾燥している
  なにか有意義な ましてや生産的な作業をする気にもなれなくて
 手紙の返事を書くことも 溜めたビデオを見ることも 飲み物以外
 をクチにするのも気が退けて 部屋の照明すら点けずにベッドに戻
 る 缶ビールを飲みながら画面を眺める なにも考えず ただ
  右折車線が淀んでいる 数台の車両がハザードを点滅させて交差
 点の中央に 夜霧に滲んでいるが どうやら事故が発生したらしい
 眼を凝らせば人影も見えそうな 直進車線の車両も徐行し 交差す
 る流れは大きく迂回している どの程度の規模か 火災は発生して
 いないようだが 右折と直進の接触事故 そんな感じだ
  このカメラが設置されていなければ この時間に画面を眺めてい
 なければ おそらく一生知ることのない事故 その場の当事者だけ
 が関知する些細なアクシデント 人死にでもなければ新聞の3面記
 事にもならないような 保険会社と修理工場 数名の警官と双方の
 運転手だけ 街のどこかで毎日発生している そんなありふれた事
 故をこうして眺めている たまたま目覚めた夜明け前に たまたま
 眺めた画面の中で 夜霧の交差点に 黄色い点滅はただの光粒子
  さすがに交差点中央は危険と思ったのか それら数台は橋の袂に
 移動する 少しカメラに接近したため 街灯に照らされる数名の人
 影が確認できる だらだらとしたその動きは やはり怪我人もいな
 いふうで この瞬間から見れば屯しているだけのよう こうして眺
 めていることに気怠さを感じながらも なにか水槽を漂う熱帯魚を
 観察しているような 生きていることはあたりまえで それぞれに
 生活や葛藤があることも承知の上で それでも希薄な現実感は や
 はり遠い世界の果ての出来事 熱帯魚と同じ程度
  缶ビールを飲み干し両手で握る 画面上からパトライトがゆっく
 り走ってくる ようやく警察が到着するのか 事故発生から10分
 橋の歩道には当事者以外の野次馬も集まりはじめた こんな夜中に
 いや早朝に 暢気に事故を見物する暇人もいるものだと そう考え
 て自嘲する こんなものを眺めていても なにが一体どうだという
 のか オレンジ色の画面から視線を外し 缶を放り投げてベッドに
 横たわる 少し眠った方がいいに決まっている 今はこうして覚醒
 していても この睡眠不足があとで苦痛になるのはいつものことだ
 無理にでも眠ろうかと眼を閉じる しかし眠れそうにない
  なぜこの時間に目覚めたのか 別段尿意があるわけでもなく 電
 話が鳴る寸前に覚醒した 深夜の電話は悪い知らせ 間違い電話に
 虫が呼んだのか それともそもそもが誤解で 実はベルを聞いてか
 ら記憶を差し替えたのか 今となっては検証する方法もなく 不確
 かな確信が頭の中に残っているだけ 部屋の中は淡いオレンジ色に
 染められて 天井を眺めながらつらつらと考える
  設定温度に到達したのか エアコンが音を立てて停止する この
 時間には 眠っている人間や起きている人間 その中には仕事をし
 ている人間や病気で苦しんでいる人間もいるだろう どこか路地裏
 を歩いていたり ちょうど玄関のドアを開ける瞬間だったり 山中
 で焚き火を眺めていたり やはりほとんどは眠っているのだろう
  意味があろうがなかろうが 意識があろうがなかろうが いつも
 同じペースで時間は流れる 生まれる前も 死んでしまったあとも
 5分は5分 1時間は1時間 そのうち朝になり また夜になる
  漠然とした不安 いやもっと曖昧な 彼方まで薄モヤの掛かった
 ような やるせない倦怠感 どうなってしまおうが 結局時間は流
 れてゆく 今まで気付かなかったのは 気付いても同じだからだ
  たまらなくなって再び画面を眺める もうすっかり何事もなかっ
 たかのように 橋の上に人影はなく 交差点には車の流れ オレン
 ジ色に滲む夜霧に覆われて この場所で小さな接触事故があったな
 んてことを 15分前にこのチャンネルを観た暇人も 今まだ起き
 ている夜更かしも ましてや眠っている人間は知りようもない ぼ
 んやりと車の流れを観るうちに もしかすればさっきの事故も記憶
 のすり替えで 今初めて画面を観た瞬間 頭の中に作った刹那の夢
 かもしれないなんて そんな気がして 慌てて床に放り投げた空き
 缶を確認したりする ばかばかしい どちらでもいいのに
  夜明けの気温が最も低い いよいよ濃くなりはじめた夜霧に道路
 の輪郭も怪しくなってきた なぜこんな画面をいつまでも眺めてい
 るのかと思いはじめたとき 交差点の傍らに立っている人影を発見
 した いつからそこにいたのか オレンジ色に混じる赤い服 かな
 り遠くに立つその姿は 画面の中ではほんの小さな点 事故の野次
 馬もいたくらいだから この時間に通行が皆無なわけでもないらし
 い もしかすれば女性か こんな時間にどこへ向かうのか たいし
 た興味もなく その女性に眼を凝らす 橋の通りをこちらから向こ
 うへ 赤信号がやがて青になる そしてまた赤に 渡らないのか
  エアコンがまた動きはじめる ゆっくりと部屋の空気が温められ
 てゆく まだ朝まで数時間がある 交差点の手前で佇む女性 静か
 に深まる夜霧の街 オレンジ色の光に視界が満たされて 頭の中が
 オレンジ色の光に染まる さっきまでなにを考えていたのかと そ
 う考えるのも億劫な 考えにならない考えがぼんやり漂う

  なにか予感がした瞬間 また電話のベルが1回だけ鳴った




             》 しびる 《
+++++++++++++++++++++++++++++++
(のりこ)>アウター系ですね これはたしか暦さんのレーベルでT
      TZ化してもらった作品ですね しかしなぜこれを?
(しびる)>たまたまだろ この次の作品とサンプルってことで作業
      してもらった覚えがあるけど
(のりこ)>そもそもTTZってフォーマットはいまも有効なのやら
      疑問ですけど ネットのどこに置いてましたかねえ
(しびる)>有効だろ たしかウチの事務所の総本部じゃなかったか
(のりこ)>あそこも長く放置してますし たまに掃除しにいかなき
      ゃいけないですかね
(しびる)>メンテナンスフリーだけどな
スポンサーサイト

コメント

中央競馬調教師

中央競馬調教師とは、中央競馬会(JRA)から免許を交付されている調教師のこと http://shougaku.stepuptechnologies.com/
  • 2008-08-27
  • 投稿者 : 恥ずかしがり屋のあた
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

トラックバックURL
http://shinoharablog.blog82.fc2.com/tb.php/876-644eec79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

そうめんのカビ

 そうめんに限らず 穀物に生えるカビには発ガン性のあるものも存在します もったいないですがそうめんにカビが生えたらば廃棄処分しましょう 同じようにモチやパンもカビが生えたものは食べない方が賢明です

文責:そうめん愛好家・篠原のりこ


関連項目
編集会議 138
*議事録後半に『そうめんのカビ』について触れています


ブログ内検索

Extra

プロフィール

篠原しびる

Author:篠原しびる
  
 ネット作家・篠原しびるが各所に書き散らかした作文を分類整理するために開設されたのが『篠原リサイクルテキスト研究所』です 篠原しびるをご存じではない方も心配しないでください 当研究所が開設されたからには 篠原しびるが思いの丈を注ぎ込んだ様々な作文をつぶさに閲覧し その人と成りをば誰の目にも明らかになるように見事分類整理されてしまうことでしょう しばしお待ちください そしてとくと堪能してください

 いつも思うのですが冒頭の挨拶はこれくらい曖昧でもいいのでしょう(ジオ分室トップページより抜粋)

カレンダー

最近の記事

全記事表示

全タイトルを表示

FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧するにあたっての注意事項

・このブログは連続スペースを除去せずに表示してください
・このブログはしび文(句読点ナシ)で作成されています
・このブログに記載されているイベント等は架空のものです
・ですから人物等も架空のものです(一部は実在します)
・希に誤字が混じる場合がありますが内容に問題はありません
・地球環境に配慮し再生テキストが15%以上含まれています
・過って多量に読んだ場合はすぐに忘却し医師に相談すること
・体質によって読後にアレルギー反応を起こす場合があります
・2週間継続閲覧しても愉快でない場合は即中止してください
・どのような表記表現もすべて好意的に解釈してください
・12歳以下の児童の閲覧には保護者の判断をお願いします
・コメントやトラックバックを無断で消去する場合があります
・ブログ内は私有地につきネタバレ・誤報の責は負いません
・ブログは生ものですので開示後は速やかにお読みください
・ブログ情報を消去する際は自治体の区分に従ってください
・室内を明るくして モニターから離れてお読みください
・室温は夏期は26度に冬期は18度に設定すると快適です
・ブログ内容の複製配布商業使用は常識の範囲内で許可します

アレルゲン表示

アレルギー物質の一覧
含まれるもの○  含まれないX

特定5品目
小 麦○ タマゴ○ 落花生X
牛 乳○ そ ば○

推奨20品目
あわび○ イ カ○ いくら ○
え び○ カ ニ○ オレンジ○
キウイX 牛 肉○ くるみ X
さ けX さ ばX 大 豆 ○
鶏 肉○ 豚 肉○ まつたけ○
も もX りんご○ やまいもX
バナナ○ ゼラチンX

その他
性的描写 ○ 暴力描写 ○
政治信条 X 個人情報 X
S  F ○ ラブコメ ○
巨大ロボ ○ 超常現象 ○
勧善懲悪 X 萌え要素 X

事務所ライブビデオ

ブログ最深部

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。