FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

トラックバックURL
http://shinoharablog.blog82.fc2.com/tb.php/117-92b093b3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
連作30 白連作03 ないとめあ・ないと18
+++++++++++++++++++++++++++++++
 種別 連作系第30期 白連作03
 題名 『 ないとめあ・ないと18 』
 初出 ニフティサーブ/FJAMEA/18番会議室
    1998年06月24日23時45分
 注釈 行頭スペース+30W
+++++++++++++++++++++++++++++++
SUBJ:【白連作】03 ないとめあ・ないと18

 ST V.4.5 SLBs Nobi-Standard

 すべてを白紙に 原点に戻ろう 白々と 白連作 #03(A群)




        『 ないとめあ・ないと18 』


                        作:しびる





  ふと気が付くと 上も下もないような只中に自分が浮かんでいる
 とても不思議な感覚で 普段の視界よりも広い範囲を難なく見渡し
 ながら 自分が巨大な乗物の中にいることを遅れて思いだす 直接
 の感覚はないけれど 全身をジェルのようなものに包まれて 気持
 ちと体を同じ方向に傾ければ すっと解放されて移動する
  確かロドゲルシアって名前の乗物 青い世界に浮かぶ魚城を眺め
 ながら フィラの住んでいた世界の魚城と意識が重なる この乗物
 は金色に輝いて テレビで観た怪獣のような 図鑑に載っていた南
 国の鳥のような その中にいることを忘れてしまいそうになるのは
 視界と感触と情報の違和感が 時間を追うごとに薄れていくからで
 ふと気が付くと 上も下もないような只中に自分が浮かんでいる

 『姫様ななよ様 お待ちしておりました 早速でございますが』
 『ふむ 変位マーカーを基礎に据えたか 急ぎ命名する 下がれ』
  視界に割り込んできたのはビデンス どこにいるのかと気配を探
 す 感じるのは魚城の尾ビレの辺り たぶんあの小さな点がビデン
 スの乗物 これだけのものを彼ひとりでこの短時間に作ったのか
 『ビデンスが作ったんだよね こんな大きなのを どうやって』
 『リシアもランタルシアの端くれ 造形だけならこれくらいのこと
 造作もないわ でも この城は所詮無生物 骸の寄せ集めね』
  リシアってのはビデンスの乗物のこと ランタルシアはそれらの
 総称 フィラの会話は ある程度の基礎知識を前提にしているから
 聞くたびにカタカナを整理するあたしは一向に理解が進まない
 『はあ お城なら無生物なのは もしかして フィラの世界のお城
 は生きていたわけ ふげええ あんな大きい魚が これもなの』
 『無に生命を与えるのは 王家直系の中でも選ばれた者のみに許さ
 れた波動 ニレ城は始祖タルサ大王が築いた13の城の唯一の生き
 残り カリン界の時間なら1万数千年は生きている計算でしょ』
  ビデンスの乗物がゆっくりと移動している 下がれと命令されて
 退避する最中らしい 頭の上のカエル姫はお腹を膨らませながら意
 味不明な単語を並べる とにかくフィラの世界の城は生き物だ
 『国力は支配する城の数で決まるのよ それを維持するためには資
 源が必要だから領地を拡げて より多くの下等生物を摂取するの』
 『なるほど だんだんわかってきた つまりお城に餌をやるために
 戦争してるわけだよね でもアレが生きてるのかあ ううむ』
  外見は確かに魚のカタチだったけれど 部屋や通路やその他を実
 際に歩いて触って どう考えても生き物だとは信じられない それ
 と下等生物って言葉が気にかかる 嫌な想像を慌てて振り払う
 『まったく知性のない1期の生物だから仕方ないわね さて』
  頭の上でフィラが位置を変える その生命を与える作業とやらに
 取り掛かるらしい どうするのかと思った途端 不意に体の自由が
 利かなくなった 所有者の許可も得ずフィラが乗っ取ったのだ
 『7界の盟主たるフィランサス帝国の王女の名に於て 輪廻の流れ
 より我が城の鱗骨になりし者に誄を授く 骸は鱗片に 魂は淀みた
 る生命の源へ 汝をネクトと命名す ななよ 意識を集中させて』
 『勝手に入ってくるもんなあ まったく はいはい 集中集中』
  どこかで聞いたような台詞を捲し立てて あたしの右手が勝手に
 前へ延びる 視界に延びるのは巨大な腕 あたしが意識を向ければ
 青白い閃光が魚城に向けてすっと拡がる ネクトってなんだろ
 『もういいわよ これでこの領域はフィランサス帝国の物 兵力を
 整えて 一気にスツーヌ王国を制圧しましょう ビデンス中尉っ』
 『はっ 既に約2万のイドラの発生を確認 ランブルに転生次第ス
 界中心部に向け拡散いたします 姫様ななよ様 何卒御休息を』
  再び視界にビデンスが と思って驚いた さっきまで黒いスーツ
 に長い黒髪 すこぶるの美形だったビデンスが なにがどうなった
 のか豹頭に戻っている 着衣も以前のくすんだ甲冑だ
 『あ ビデンスが元に戻ってる やっぱりお城の影響なの』
 『そうよ ネクト城はフィランサス帝国の正統な国威を持っている
 もの ななよ ようやく出迎えが来たわ 行きましょう』
  体の自由が戻ってきても フィラは頭の上で命令するわけで 対
 等に話をしていても気を付けないと対家臣モードになりそうな気配
 なんて考えていると 魚城からモヤのようなものが急接近
 『なにあれ フィラ 出迎えって お城にもう誰かいる うわっ』
 『イドラから転生した3期のパブルムよ 少し知性があるわ』
  あっと言う間に周囲を取り囲まれた 距離感が曖昧なので大きさ
 はハッキリしないけれど さっき見たビデンスの乗物から考えると
 人間の3倍くらいの多きさ いつか画集で見たことのある西洋の小
 鬼のような 羽根と尻尾の生えた凶悪な目付きの怪物達だ
 『うげえ なんかヤな感じの出迎えだねえ ホントに大丈夫なの』
 『ニレ城なら あたしの眼に触れる場所に存在することも許されな
 い下等な生物だけど 今は仕方がないわね すぐに転生するわ』
  何千の怪物が魚城に向かって整列する どうやらその道筋に沿っ
 て進めばいいらしい よく見れば色々な種類がいる 羽根のカタチ
 や顔つきや色 大きなものには確かに知性がありそうな感じ
 『下級士官程度なら数日で転生してくるわ もっとも スツーヌの
 影響は払拭できないから 士族には転生できない あれよ』
 『はあ よくわからないけれど あそこから入ればいいのかな』
  その転生ってイメージがよくわからない 気配を感じて傍を見れ
 ば かなり大きな怪物が2体あたし達と同じ速度で飛んでいる こ
 れはそれ以外の怪物とは形状も違って 体のデコボコがまるで甲冑
 のような感じに見える あいかわらず顔は怪物だけど
 『ごおうっ ご尊顔を拝し きょおうっ 恐悦至極に しごくっ』
 『うむ 貴様がバブルムの長か 即刻城内を整え報告せよ』

  巨大な洞穴に侵入する 久し振りに足元に感触 すぐさま傍の怪
 物が目前に蹄く どうにか言葉と判別できるようなしわがれ声で挨
 拶し 風貌とは裏腹にかなり怯えている様子だ フィラの声が乗物
 の外にも聞こえているのだろう 命令された途端に飛び去ってしま
 った 普段は姿も見れないってのは本当のことらしい
  妙につるつるした質感の素材 どこからか光が差し込む広大な空
 間に どうしたものかと佇んでいた フィラはお腹を膨らませたり
 縮めたり さっきの怪物の報告を待っているのか さてさて









             》 しびる 《
+++++++++++++++++++++++++++++++
(のりこ)>ないない18です えーっと いろいろあってスツーヌ
      界に進軍した姫様のご一行が その足がかりとなるネク
      ト城を建設するクダリですね いわゆる魚城ですか
(しびる)>城が生き物って設定は どこぞのアニメスタジオが映画
      にしてたよな ままありものだけど 気に入ってるし
(のりこ)>いちばん下等なのにいちばん大きくて やたら長寿で様
      々な生物を寄生させてるってのは たしかにありもの設
      定ですけど 拡げ甲斐のありそうな感じですか
(しびる)>城自体はいじるつもりはなかったけど 中の転生生物は
      キャラ増産の危険な誘惑だよな(笑)
(のりこ)>まあエントロピーの増大で熱死するような狭い宇宙じゃ
      ないみたいですしね 好きなだけ増産されましても?
(しびる)>それはカンベンしてくれ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

トラックバックURL
http://shinoharablog.blog82.fc2.com/tb.php/117-92b093b3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

そうめんのカビ

 そうめんに限らず 穀物に生えるカビには発ガン性のあるものも存在します もったいないですがそうめんにカビが生えたらば廃棄処分しましょう 同じようにモチやパンもカビが生えたものは食べない方が賢明です

文責:そうめん愛好家・篠原のりこ


関連項目
編集会議 138
*議事録後半に『そうめんのカビ』について触れています


ブログ内検索

Extra

プロフィール

篠原しびる

Author:篠原しびる
  
 ネット作家・篠原しびるが各所に書き散らかした作文を分類整理するために開設されたのが『篠原リサイクルテキスト研究所』です 篠原しびるをご存じではない方も心配しないでください 当研究所が開設されたからには 篠原しびるが思いの丈を注ぎ込んだ様々な作文をつぶさに閲覧し その人と成りをば誰の目にも明らかになるように見事分類整理されてしまうことでしょう しばしお待ちください そしてとくと堪能してください

 いつも思うのですが冒頭の挨拶はこれくらい曖昧でもいいのでしょう(ジオ分室トップページより抜粋)

カレンダー

最近の記事

全記事表示

全タイトルを表示

FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧するにあたっての注意事項

・このブログは連続スペースを除去せずに表示してください
・このブログはしび文(句読点ナシ)で作成されています
・このブログに記載されているイベント等は架空のものです
・ですから人物等も架空のものです(一部は実在します)
・希に誤字が混じる場合がありますが内容に問題はありません
・地球環境に配慮し再生テキストが15%以上含まれています
・過って多量に読んだ場合はすぐに忘却し医師に相談すること
・体質によって読後にアレルギー反応を起こす場合があります
・2週間継続閲覧しても愉快でない場合は即中止してください
・どのような表記表現もすべて好意的に解釈してください
・12歳以下の児童の閲覧には保護者の判断をお願いします
・コメントやトラックバックを無断で消去する場合があります
・ブログ内は私有地につきネタバレ・誤報の責は負いません
・ブログは生ものですので開示後は速やかにお読みください
・ブログ情報を消去する際は自治体の区分に従ってください
・室内を明るくして モニターから離れてお読みください
・室温は夏期は26度に冬期は18度に設定すると快適です
・ブログ内容の複製配布商業使用は常識の範囲内で許可します

アレルゲン表示

アレルギー物質の一覧
含まれるもの○  含まれないX

特定5品目
小 麦○ タマゴ○ 落花生X
牛 乳○ そ ば○

推奨20品目
あわび○ イ カ○ いくら ○
え び○ カ ニ○ オレンジ○
キウイX 牛 肉○ くるみ X
さ けX さ ばX 大 豆 ○
鶏 肉○ 豚 肉○ まつたけ○
も もX りんご○ やまいもX
バナナ○ ゼラチンX

その他
性的描写 ○ 暴力描写 ○
政治信条 X 個人情報 X
S  F ○ ラブコメ ○
巨大ロボ ○ 超常現象 ○
勧善懲悪 X 萌え要素 X

事務所ライブビデオ

ブログ最深部

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。