FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

トラックバックURL
http://shinoharablog.blog82.fc2.com/tb.php/115-2a25ddb2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
連作30 白連作01 paraphrase-夕焼け
+++++++++++++++++++++++++++++++
 種別 連作系第30期 白連作01
 題名 『 paraphrase-夕焼け 』
 初出 ニフティサーブ/FJAMEA/18番会議室
    1998年06月10日22時21分
 注釈 行頭スペース+30W
+++++++++++++++++++++++++++++++
SUBJ:【白連作】01 paraphrase-夕焼け

 ST V.4.5 SLBs Nobi-Standard

 すべてを白紙に 原点に戻ろう 白々と 白連作 #01(B群)




        『 paraphrase-夕焼け 』


                        作:しびる





  瞬間 頭の中が真っ白になった 性欲がなかったと言えば嘘にな
 るけれど 正直な所は少し違っていて なんて説明したものか 溢
 れる愛情じゃなくて そう 子犬を見たときのあの感情 奥歯を噛
 み締めなければ かわいさ余って握り潰してしまいそうな
  左の耳につんざくような残響 遅れて激しい痛みが走る 駆け抜
 ける足音に続いて激しくドアの閉まる音 頭の中に色が戻った

 『ちょ ちょっと 待って さつき さーつきっ』
  頬が焼けるように痛い それはとにかく 慌てて足音の後を追う
 弁解にしろなんにしろ このまま放っておけるわけがない
 『さつきってば 待ってって なんだその 待てさつき こら』
 『来ないでバカ死んじまえ 呼び捨てにするなっバカ バカっ』
  斜めに夕陽の差し込む教室をでて すぐの階段に後ろ姿 声を掛
 けても振り返りもせず バカバカと叫びながら踊場に姿が消えた
 『お前こそ人のことをバカってな こら いや 謝るから』
  なにを言っているのか 凄い勢いで階段を駆け降りている 遠く
 から罵声が聞こえる かなり足が速い 数段飛ばしで距離を稼いで
 どうにか玄関のところで追い付いた 腕を掴んで引き留める
 『待てって はあっ 悪かったから ふうっ 謝ってるだろ』
 『放してよバカ 絶交 あたしの半径100万キロに侵入禁止っ』
  凄い形相で振り返りながら腹部に一発 ムッとしたのを抑えて低
 姿勢 更に数発 ばかすか殴られながら徐々に腹が立ってきた
 『謝ってんだろうが なんだよ さつきがそんなだからな 俺だっ
 てあんなふうに そうじゃなくて ヤなのかよ さつきっ』
  真っ直ぐ俺の瞳を見つめ返す なんとも真意が計り知れない 腕
 を掴んだまま力比べ 珍しく誰もいない下駄箱付近で 腹が立った
 のも瞬間 さつきの怒った顔を見ながら つい にやけてしまった
 『なに言ってるのかわかんないわよ いいから放して もうっ』 
  怒るのも怒られるのも変な話だ つい数分前に人生最大の勇気を
 振り絞って気持ちを打ち明けたのに 彼女だって赤くなって小さく
 頷いて なんともいい感じの雰囲気だったのに それがどうだ
 『謝ってるだろ 悪かったよ 変なことしないから このとーり』
 『いやらしいのは嫌い でもまあ もう一発殴らせてくれたら考え
 てあげなくもないわね いやあと5発かな 森本 覚悟しなさい』
  ただの友達がどこで変化したのか 気が付けば彼女ナシでは毎日
 が考えられなくなって ついさっき その気持ちを打ち明けたのだ
  オレンジ色に染まる教室の後ろで たぶん死ぬまで記憶の深い場
 所に残るような それでまあ いやその 自然と 唇を重ねて
 『と思ったけれど もう二度と お尻を触らないって約束するなら
 勘弁してあげる なにその顔はーっ 返事しなさい 返事をっ』
 『ひや ひゃくそくれきるかなあ ええいっ 辞めてくれ』
  力一杯顎を掴まれて 返事をしようにも喋れない それに一生触
 らない約束なんかできるか そもそもそんなに悪いことなのか し
 かし今は場を取り繕うことが先決だ それと 思い返してニヤリ
 『だってだな こう自然な姿勢だろ こうしてこうすると ほらな
 右手がこうくるから ぶらぶらさせてるのも変だし』
 『あっ んんっ もう こんなとこで 誰か来たらどうす んっ』
  部活の連中はまだ練習中だし 誰も来ないだろうとタカを括って
 教室での続き 掲示板の傍に押し付けて さっきはこの姿勢でスカ
 ートをたくし上げて 更にその中に手を差し込んで殴られた
 『もう 森本はねえ いやらしいからダメ また殴られたいの』
 『いいや だってさ さつきって なんての まあいいけど』
  唇を放して見つめ合う さつきの頬が赤くなって なんともかわ
 いらしいものだ 俺は掲示板に片手を突いて さつきは腕を組んで
 見上げる 言葉を濁らせたのは 素直にかわいいと言えないから
 『ふうん とにかくカバン取ってくる 帰るんでしょ』
 『ああ ここでこうして語らっててもいいけど うん 帰ろう』
  きょうの午後まで親しい友人で 今はいわゆる恋人だけど それ
 でなにかが変化するじゃなし いつもどおり一緒に帰る 買い物に
 付き合ったり 時間も忘れて喋ったり 考えれば以前から彼女だ
 『痛かったでしょ 驚いたから それに ちょっと怖かったし』
 『いや 殴られ慣れてるから グーは辞めて欲しいけどな』
  さつきの後ろを歩く すぐに殴る女 しかしきょうのストレート
 はこれまでの最強 あれほど本気で殴られたことはなかった 怖か
 ったなんてしおらしいことを言っているけれど こっちは頭の中が
 真っ白になるくらい 怒っていたのだ あれは絶対 俺はわかる
 『森本は 前からあたしのことが好きだったの 今更だけど』
  階段を昇る さつきのお尻を眺めながら 触るなって言われても
 困るよなあって しかしそのうちになし崩しで さつきの気持ちを
 尊重しながら なんとかなる方法はいくらでもと 考えたりする
 『聞いてないでしょ なにその目は ダメよ 変なこと考えちゃ』
 『疑うなあ 長い付き合いだろ 俺の性格を知ってるくせに』
  図星だったりする 今まで一線を越えなかったのが不思議なくら
 い あまり親しすぎると壊れるのが怖くなって 放っておけばずっ
 と友人の関係が続けられる 茶化しているけれど きょうまでどれ
 だけ悩み考えたことか パンツに手を入れるくらいご褒美だ
 『だからよ いいかげんだもん だらしないし 約束破るし』
 『はあ そりゃ 悪かったな さつきは でも嫌いじゃないだろ』
  さつきの後ろ姿 ポニーテールが軽く上下しながら 返事の代わ
 りに小さく首を傾げる 彼女の性格だってだいたい知っている 黙
 っていればニヤニヤ笑ってしまいそうな そんな気持ちを抑えて
 『変な気分よね あは 森本があたしの彼氏って こら またっ』

  ついムラムラと思わず手が延びてまた殴られた でも最初のスト
 レートと違って平手で頭を さつきは怒りながらにこにこ 赤く染
 まる階段で そのまま髪の毛を掴まれて引っ張られる
  なにがどう変化するじゃなくて 前からわかってたお互いの気持
 ちを ただ確認していなかっただけで 変わらないのはあたりまえ
 かと肩を窄めた さつきはすぐ殴るし 手癖の悪いのはお互い様だ
 と思う まあ いいか











             》 しびる 《
+++++++++++++++++++++++++++++++
(のりこ)>さて連作も第30シーズン 白連作です
(しびる)>そろそろ先が見えてきたな ところでこれで何本目だ?
(のりこ)>そうくると思いましたので調べておきました 美暦作品
      も含めて ここに紹介はちょうど446本目です
(しびる)>キリのいい数字だな あと50くらいか
(のりこ)>もうちょい多いでしょうか で さて今回のこの作品で
      すが これはまた またこっぱずかしい内容ですね
(しびる)>パラフレーズ つまり易訳だわな 意訳じゃなくて
(のりこ)>夕焼けって言葉を簡単に説明すると キスしてオッパイ
      を揉んじゃうってことになるんですか?
(しびる)>この主人公の彼の これ以降の人生の中で 夕焼けとい
      う言葉は つまりこの出来事になるんだろうなってこと
      は簡単に想像できるじゃん? それにオッパイじゃなく
      て尻だ尻 ちゃんと読んでるのか?
(のりこ)>なんだって同じですよ まったくなに描いてるんだか
(しびる)>尻と胸は別物だろうが
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

トラックバックURL
http://shinoharablog.blog82.fc2.com/tb.php/115-2a25ddb2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

そうめんのカビ

 そうめんに限らず 穀物に生えるカビには発ガン性のあるものも存在します もったいないですがそうめんにカビが生えたらば廃棄処分しましょう 同じようにモチやパンもカビが生えたものは食べない方が賢明です

文責:そうめん愛好家・篠原のりこ


関連項目
編集会議 138
*議事録後半に『そうめんのカビ』について触れています


ブログ内検索

Extra

プロフィール

篠原しびる

Author:篠原しびる
  
 ネット作家・篠原しびるが各所に書き散らかした作文を分類整理するために開設されたのが『篠原リサイクルテキスト研究所』です 篠原しびるをご存じではない方も心配しないでください 当研究所が開設されたからには 篠原しびるが思いの丈を注ぎ込んだ様々な作文をつぶさに閲覧し その人と成りをば誰の目にも明らかになるように見事分類整理されてしまうことでしょう しばしお待ちください そしてとくと堪能してください

 いつも思うのですが冒頭の挨拶はこれくらい曖昧でもいいのでしょう(ジオ分室トップページより抜粋)

カレンダー

最近の記事

全記事表示

全タイトルを表示

FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧するにあたっての注意事項

・このブログは連続スペースを除去せずに表示してください
・このブログはしび文(句読点ナシ)で作成されています
・このブログに記載されているイベント等は架空のものです
・ですから人物等も架空のものです(一部は実在します)
・希に誤字が混じる場合がありますが内容に問題はありません
・地球環境に配慮し再生テキストが15%以上含まれています
・過って多量に読んだ場合はすぐに忘却し医師に相談すること
・体質によって読後にアレルギー反応を起こす場合があります
・2週間継続閲覧しても愉快でない場合は即中止してください
・どのような表記表現もすべて好意的に解釈してください
・12歳以下の児童の閲覧には保護者の判断をお願いします
・コメントやトラックバックを無断で消去する場合があります
・ブログ内は私有地につきネタバレ・誤報の責は負いません
・ブログは生ものですので開示後は速やかにお読みください
・ブログ情報を消去する際は自治体の区分に従ってください
・室内を明るくして モニターから離れてお読みください
・室温は夏期は26度に冬期は18度に設定すると快適です
・ブログ内容の複製配布商業使用は常識の範囲内で許可します

アレルゲン表示

アレルギー物質の一覧
含まれるもの○  含まれないX

特定5品目
小 麦○ タマゴ○ 落花生X
牛 乳○ そ ば○

推奨20品目
あわび○ イ カ○ いくら ○
え び○ カ ニ○ オレンジ○
キウイX 牛 肉○ くるみ X
さ けX さ ばX 大 豆 ○
鶏 肉○ 豚 肉○ まつたけ○
も もX りんご○ やまいもX
バナナ○ ゼラチンX

その他
性的描写 ○ 暴力描写 ○
政治信条 X 個人情報 X
S  F ○ ラブコメ ○
巨大ロボ ○ 超常現象 ○
勧善懲悪 X 萌え要素 X

事務所ライブビデオ

ブログ最深部

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。